Tim Berneという音楽家がいて、僕のプロフィールやブログなどを読んでくれた人はわかっているかと思うが、彼は僕のいわゆる“SPECIAL”だ。

今、僕は計画を立てている。

「Tim Berne Japan Tour w/Manabu Kitada」

というもの。オーガナイズを僕がやろうと考えているのだが、当然一人でできることではない。様々な知識が必要だし、そのためにも人の力が必要だ。当然お金も必要だ。クリヤーすべき課題はいくつもある。

でもまずは。Tim Berneについて書こう。

彼の経歴はユニークで、サックスを始めたのは大学生になってから。バスケに夢中だったTimが足を負傷して、バスケを断念せざるを得なくなってから、気分転換に始めたサックスだったそうだ。それまでは、純粋にリスナーとしてジャズを中心に様々な音楽を聴きまくっていたらしい。

見よう見まねでフリージャズの真似事をセッションでやるようになり、やがてニューヨークに移りジュリアス・ヘンフィルという人に音楽の全てを教わる。作曲のやり方、セルフレーベルの立ち上げ方、練習の仕方、音楽の’magic’について…

ジャズの王道の人が大抵歩む音楽大学主席でもコンテスト優勝でもなく、そんなプロフィールとは無縁の全く違う経路をたどり、時にレコードショップてアルバイトをしながら、自分のレーベルを立ち上げ、時にメジャーレーベルにも作品を残す。でも、基本は全て自分でブッキングやら、アルバムの発送やら、ツアーの手配も。それをひたすら続けて、今やニューヨークのミュージシャンが尊敬し、何かしら影響を受けるアーティストになった。その作品の全てが、他の誰にも似つかない彼の音で分厚く覆われている。偉大なる起業家にして、誇り高きアーティスト。まあ、本人が聞いたら肩をすくめて軽く流すだろうけれど。

日本にはバブルの頃に一度来て、今はなき銀座のソニービルの屋上でライブをやったそうだ。

僕が彼の音楽に惹かれたのは、その謎めいた時に20分に以上に及ぶ音楽を解き明かしたかったからだ。なんで普通のスタンダードと違う聴感なのに、物語が成立しているのだろう、と聴きながらいつも思った。抗えない謎の魅力。難解というには野蛮に美しく響く、音の重なり合い、絡み合い。他のどんな音楽にもみあたらない音楽だった。

それを聴き続けて、二十年以上。NYに自ら出向き、何度か直接彼に会い、プライベートでセッションしたり、ライブをしたりした中で引き出した言葉。「MANABU!ツアーをやろうぜ」

もちろんすぐにでもやりたかったけれど、でもどうやって?僕は日本では無名のマイナーな楽器のインプロ屋さん。Timとて、日本ではわずかな人にしか知られていない。ある時、とあるミュージシャンにTimについて話したら「過去の人だよね」と言われてびっくりした。過去にするのはお前のすることじゃないって、その大御所に言いかけた。言っとけばよかったぜ。今思えば。

しかもTimの作る音楽はジャズスタンダードでもなく、かと言ってノリの良いグルーブが続く類の音楽でもない。コンテンポラリーなジャズプレーヤーのような、テクニックと高度な理論を駆使し、変拍子をもろともせず弾き切る類の音楽とも違う。映像的にも見え、深く奥行きがでる空間を構成する音楽でもあり、エネルギーの塊がぶつかってくるような、実に人間くさい一面も併せ持つ音楽。

はっきり言って、手強い音楽だ。

まあ、そんな状況の中で色々考えたが、答えは出ない。

でも、やると決めたからには、闇雲にでもいいから動くことにした。こっちは五年かけて自腹切ってここまでやって来たんだ。今更中途半端で終わらせる気は無い。ただ、これからは自分一人では不可能だ。でも人が集まれば絶対実現できる。だから、知られてないなら知らせることから始めるとしよう。

Timのウェブサイト。アートワークはSteve Byram。ビースティーボーイズのジャケットも手がけたことがある最高にかっこいい作品を作る。http://www.screwgunrecords.com/

僕とTimのプライベートセッションの様子。(project/soundのページと同じもの)

Timとの最初の出会いを書いたブログ。
https://uncomfortablecomfortable.com/2017/04/06/red-door/

今考えているのは、この「Tim Berne Japan Tour w/Manabu Kitada」をやるためにチームを編成すること。僕に無い知恵を大量に必要としているので、これは必須だ。

興味を持ったら、あるいは質問や思うところがあったら、コンタクトフォームからメッセージをぜひ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中