ポルトガル料理。

僕にはイメージがなかった。どんなものが多く食されているのか。肉なのか、魚なのか、パンなのか、ジャガイモなのか、などのことすら知らないままリスボンに着いた。

最初に食べたのはハンバーガー。たまたま目に入っった空港の中のレストランで食べた。ハンバーガーと侮るなかれ。世界で一番標準化された食べ物の一つなので、その国の食の傾向を知るには実は最適な指標だと思う。

さて。味は非常に良かった。ソースがかかっているのだけれど、おそらくバルサミコをベースにしているんだろうな。少し甘酸っぱい感じの味付け。パテも肉厚。大きさは、北米のハンバーガーに引けを取らないボリュームで、それにポテトもついて。なかなかの量。おそらくこちらの人は日本人からしたら、大食いだ。

この経験でポルトガル料理への期待値は上がったのだけれど。

それ以降一日に一回はポルトガル料理と思われるものを食べるようにしてみたが…どうも微妙な気がし始めている。

リスボンで一番多く消費されている魚はおそらくタラだ。スーパーの魚売場には必ず巨大なタラの塩漬けが置いてある。切り身も。だから、レストランでもタラを使った料理は当然ある。色々な情報を見ていくとバカリョー・ア・ブラズ(と読むのかな)というタラ料理が有名らしい。タラの切り身とフライドポテトを卵でとじた料理で、どこで食べても外れないという。ステイ先の近所のレストランにもあったので試して見た。

基本味付けはシンプルな塩味で、旨味はタラの味によっているようなのだけれど、なんとなく薄味だ。何かが欲しい感じ。

IMG_2009.jpg

別の日には蛸を試して見た。蛸をメインに据えるのはあまり日本ではお目にかからないので、どんなか期待したけれど、こちらはさらに薄味。付け合わせの野菜には塩すら多分かかっていない。自分で好みに味をつけましょうということなのか…

IMG_2071

ちなみにソーセージは色々種類があるのだけれど、どれもなかなかしょっぱい。しかも、硬い。サラミに近い感じ。何種類かの盛り合わせを食べて見たけれど、食べているうちに顎が疲れてくるくらい。ビールと一緒に食べると美味しいとは思うのだけれど、僕はサングリアを飲んでしまった。

とまあ、最高にうまいっ、てなるものにはまだ出会っていないけれど、どんな味がするんだろうって毎回期待するのは楽しい。それが結果多少残念だったとしても、それは自分の味覚の癖だし、その癖だって少しずつ変化していくんだろうから。色々試すのが大事。

ただ、外で食べるのが気持ちよいこの季節、歩道に並べられたテーブルで楽しそうに食事をしている友人同士、カップル、家族なんかを見ていると、おそらく美味しさの秘密は誰と食べるか、なのだと思う。

IMG_2084

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中